Creaphyp

「クリープ」ミュージックビデオ公開中!

愛のプロジェクトとは?

いつか怒られるんじゃないかと思ってました。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ロックバンド「クリープハイプ」は、通称「クリープ」と呼ばれています。
2014年夏に発売されたシングル
「エロ/二十九、三十」のスペシャルサイトでは、
「クリープ」のことをネタにしちゃったりもして。
森永乳業のクリープの担当者の方に、
「同じなのは困る」「名前を変えて欲しい」と、
いつか怒られると思ってました。
名前が同じことで何か起こるのではないかとざわつく胸中。
ええいままよ!
と、クリープハイプのフロントマン尾崎世界観は、
「クリープ」と「クリープハイプ」を重ねあわせて、
「クリープ」という曲をつくり、「曲ができました!」と
勇気を出して森永乳業の門をたたきました。
すると、名前が同じというだけではなくて、
もしかしたら愛で繋がっていたのかもしれませんねと、
あれよあれよと話は進んで…
「愛のプロジェクト」はじめます。

Creephyp

尾崎世界観の思い

混ぜることで濃くなるものがある。甘いミルクで、愛を温めてきたクリープ。一曲ごとに赤裸々な愛を、曲を通して届けてきたクリープハイプ。混ぜること=薄くなるのでなく、だからこそ見えてくるものがあると思います。コーヒーは飲めないけど、クリープを混ぜることで飲める人もいる。世の中には、時に直接言えないことがあっても、何か一言添えて、中和させることで相手に伝えられることもたくさんある。クリープハイプの楽曲は、誰もが持っている普遍的で本質的な気持ちを歌っているけれど、特に歌詞に関しては聴いてくれるお客さんにしっかり歌詞を考えてもらいたいから、敢えてストレートに表現せず、色々な意味合いを込めて間接的に表現することも少なくない。今回“クリープ”と一緒に組ませてもらう意味は、単に名前が一緒だからというだけではなくて、こうした“奥に隠された本質”が一緒というところにあると思います。中和させることで、見えてくるものがある。今回の“クリープ”の楽曲は、そうやって中和させることがマイナスではないことを歌で表現しました。クリープハイプ 尾崎世界観

creap

クリープの思い

クリープハイプとクリープの関係は、たまたま「名前が同じ」というところから始まりましたが、受け手に向けて「愛」を伝えている、という根っこのところで深く繋がっていると信じています。クリープハイプは「音楽」を通じてリスナーへ、クリープは「ミルクがギュッと詰まったパウダー」を通じてユーザーへ、「愛」を伝えています。コーヒーはそのまま飲んでも十分おいしいものですが、クリープを入れるからこそ、その苦みがまろやかになり、もっとおいしくコーヒーを飲める人たちがいます。クリープは、ひと匙ずつコーヒーに入れることで、自分自身がちょっと優しい気持ちになったり、パートナーや家族と一緒にホッと笑顔になれるような、コミュニケーションのツールでありたいと想いつづけてきました。このプロジェクトでの新しい出会いをきっかけにして、それぞれのファンの皆さんに、ちょっとした驚きや優しさとともに「ミルクがギュッと詰まったパウダー」を入れたコーヒーのおいしさを一度でも実感していただけるとしたら、こんなにうれしいことはありません。クリープハイプの音楽、“クリープ”を聴きながら。 森永クリープ

クリープの歌詞

クリープ 作詞曲:尾崎世界観 歌に出来ないこんな事をちょっと甘く薄めてくれよ馬鹿でもわかるあんな事は今更歌いたくないけど散々迷って吐き出したら負けだよ凡人気取って飲み込んだら勝ちだよ聴くに耐えないこんな声をちゃんと甘く薄めてくれよ馬鹿でもわかるあんな声で真実の愛を歌いたい一周回って逆に辿り着いた三回回って吠えるような素直さで混ぜる混ぜる混ぜる掻き混ぜる君が幸せになるように爆ぜる爆ぜる爆ぜる程の気持ちを撫でる撫でる撫でる様に歌えたら歌に出来ないあんな事を僕にだけは教えてくれよ冷めない内に飲んだせいの火傷の痛みで覚えて欲しい一周回って逆に辿り着いた三回回って吠えるような素直さで混ぜる混ぜる混ぜる掻き混ぜる君が幸せになるように爆ぜる爆ぜる爆ぜる程の気持ちを撫でる撫でる撫でる様に歌えたら歌に出来ないこんな事をちょっと甘く薄めてくれよ

JASRAC
JASRAC許諾第9010674009Y38029号
ミュージックビデオ

ミュージックビデオ「クリープ」全編公開。

プロジェクトの軌跡

2016.11.22

お久しぶりです。クリープです。

11月9日・10日にZepp Tokyoで行われた、クリープハイプのライブ「熱闘世界観」に、森永クリープもお花をお贈りしました。

2015.10.07

混ぜる混ぜる搔き混ぜる 君が幸せになるように

9月27日(日)、クリープハイプがキュレーターを務めるボウライン2015が開催されました。

2015.09.29

Thank You Bowline 2015!

ボウラインにご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でした!

2015.09.25

明後日27日(日)、「Bowline」でお会いしましょう。

夏が終わり、秋の訪れを感じるこの季節。温かいカフェオレが、恋しくなってきませんか。
Bowline会場では、愛のプロジェクトが、クリープのホットカフェオレで皆様をおもてなしします。

2015.09.16

「クリープ」ミュージックビデオ撮影現場 -番外編-

ミュージックビデオ、たくさんの反響をいただき本当にありがとうございます!
今回のミュージックビデオは「愛のプロジェクト」ということで、小道具にも小さな「愛」をちりばめました。

2015.09.12

ミュージックビデオ「クリープ」全編公開。

2015.09.11

映画「私たちのハァハァ」、ミュージックビデオ「クリープ」明日同時公開!

明日9月12日(土)から、松居大悟監督最新作「私たちのハァハァ」が公開です!福岡に住む女子高生4人組が、クリープハイプのライブのため、自転車で東京を目指すという青春ロードムービー。

2015.08.26

ミュージックビデオ「クリープ」ショートver.先行公開!

お待たせしました!
気になる「クリープ」のミュージックビデオを、少しだけお見せします。

2015.08.19

「クリープ」ミュージックビデオ撮影現場 -撮影編-

松居監督の最新作「私たちのハァハァ」のサイドストーリーとして制作が決まった「クリープ」のミュージックビデオ。

2015.08.12

松居大悟監督とミュージックビデオの作戦会議。

梅雨入り間近の6月上旬。
松居大悟監督を交えて、ミュージックビデオについての作戦会議が行われました。

2015.08.08

「クリープ」MV完成! 映画「私たちのハァハァ」とコラボが実現。

やっと発表できます。楽曲「クリープ」のミュージックビデオが完成しました!
4月のキックオフミーティングにて、「家族の愛」「世代を超えた愛」という言葉が尾崎世界観・森永クリープの両者から出ていたことから、「親子愛」をテーマにした温かい作品に仕上がりました。

2015.07.08

9月『TOWER RECORDS presents Bowline2015』でお会いしましょう。

タワーレコードが主催するライブイベント「Bowline(ボウライン)」。毎回1組のアーティストがキュレーターとなり、タワーレコードと共同で出演アーティストや会場演出などの企画を行うのですが、今年の9月27日(日)はクリープハイプがキュレーターを務めることに決まりました!

2015.05.16

クリープを聴きながら、クリープを飲んで欲しい。

ライブ当日。NHKホールに引き続き、お祝いのお花でみなさんをお出迎え。ご来場頂いたみなさんへ、愛のプロジェクトのきっかけとなった楽曲「クリープ」の歌詞と、森永クリープのスティックをお贈りしました。

2015.05.15

東京の中心で何を叫ぶ?

5月16日はクリープハイプのライブツアー「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 後編」の総集編〜東京の中心で◯◯◯を叫ぶ〜 。場所は日比谷野外大音楽堂。

2015.05.07&08

森永クリープからクリープハイプへ

クリープハイプのライブ「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 後編」がNHKホールで開催されました。愛のプロジェクトが発表されてから初めてのライブ。

2015.04.15

4月某日 キックオフミーティング

尾崎世界観、森永乳業へ行く。
「愛のプロジェクト」始動にあたり、田町にある森永乳業の本社を、クリープハイプの尾崎世界観が訪問しました。